取扱メーカー紹介・アリゲータージャパン タイヤ用ゴムバルブ TR413 ドイツ・アリゲーター製
ドイツ製高品質タイヤバルブ、アリゲーター
ガンビット.ジャパン
ガンビットの日本総代理店
カルコ・ジャパン カルコの日本総代理店

スナップインバルブとは-製品情報

スナップインバルブ、ゴムバルブとは。

スナップインバルブとは

タイヤバルブは大きく分けて2種類に分けられます。ゴム製のSnap-inバルブ(スナップインバルブ)と金属製のクランプインバルブです。 スナップインバルブはゴムバルブとも呼ばれ、信頼性と柔軟さを兼ね備えておりレーシングカーに使われることもあります。

バルブを構成するパーツは

バルブを構成する部分を大きく分けると、バルブボディ、バルブコア、キャップ で出来ています。使用用途によって正しく使い分ける事が重要です。

バルブの選定

バルブの選定は、耐圧、耐熱、耐速度、リムの素材で選定します。

項目スナップインバルブクランプインバルブ
タイヤ空気圧~210km/h 300km/h ※2
速度~240kPa ※1 ~1000KPa
耐熱-40~100度 ※1 -40~120度 ※3

※1規格上は400kPaですが、耐久性を考慮した数値です。
※2最高速度はバルブ形状により変化します。
※3耐熱コア、耐熱シールが必要です。

バルブの取扱い

バルブの取扱をするにはバルブの機能を正しく理解する必要があります。下に示すのはスナップインバルブのシール箇所です。

1・ホイールとの接着箇所

バルブとホールとの隙間を埋める箇所です。また車両が走行時、遠心力により応力が掛かる箇所ですので定期的なメンテナンスが必要です。

2・バルブコア-バルブボディ内部との接着箇所及びバルブコア下段

バルブとホールとの隙間を埋める箇所です。また車両が走行時、遠心力により応力が掛かる箇所ですので定期的なメンテナンスが必要です。

3・キャップ-バルブ先端との接着箇所

バルブ先端部と接着しシール性を持たせます。バルブコアに異常があった際もキャップで空気を止める事が出来ます。

ホールのバルブ穴を確認して下さい

バルブの取扱をするにはバルブの機能を正しく理解する必要があります。左に示すのはスナップインバルブのシール箇所です。

バルブのホールへの装着

バルブ取付工具の利用をおすすめします。摘み箇所へバルブキャップを引っかけます。 とって部分を引き下げ、てこの原理でバルブを装着します。 バルブ取付後、バルブ先端を左図の様に回してシール面を安定させて下さい。 ※既に使用されているバルブは絶対に回さないで下さい。 この作業をすることでシール面の面圧の偏りが無くなります。

点検

バルブ装着後は、バルブ根本、バルブコアの空気漏れ点検を必ず行って下さい。

安全性=信頼性と品質

わかりやすい構造で、安価なスナップインバルブですが高品質で信頼性の高いものが求められるのはそれは安全を支えている大事なパーツに ほかならないからです。 ブロックではドイツ・アリゲーター社製のスナップインバルブを主に取り扱っています。日本では有名なメーカーではないかもしれませんが、 BMWやベンツに供給しており、グループの世界シェアは35%を超えます。 またアリゲーター社はISO/TS 16949に準拠した生産設備で確かな品質です。マーケットリーダーとして、世界60カ国、1,300社を 超えるユーザーから信頼を得ている会社です。
タイヤバルブのアリゲーター

下記アリゲーターバルブ製品です。